ミルキング 痛み 間違い

MENU

ミルキングで痛みを感じるのは間違い※対処法と原因を紹介

ミルキングを行っている人で「痛いから、痛くならない方法ありませんか?」
こんな風に痛くならない方法を聞いてくる人がいます。
しかし、それはそもそも間違っているのですね。

 

ミルキング,痛み,間違い

 

ミルキングは多少の負荷をかけるものの、どうにかするほどの痛みを感じるような方法ではありません
そのため、痛いと感じるのであればやり方であったり、どっかしらの部分が間違っている可能性があります。

 

一度、ミルキングのやり方に関してきちんと調べなおした方が良いかと思います。
このサイトのトップページ「ミルキングのやり方を紹介※乳を搾るかの如く行う」でも紹介しているので、よければ一度ご覧下さい。

 

 

ミルキングをおこなって何故痛い?

ミルキングをおこなっていて痛みを感じるのであれば、原因は下記のいづれかではないかと思います。

 

  1. ペニスに不具合が生じてしまっている
  2. 乳を搾るようにペニスを握る際の動作で力を入れすぎ
  3. 長時間行いすぎ

 

考えられる理由としては、この3点のいづれかではないかと思います。
一つ一つ対処法を紹介いたします。

 

ペニスに不具合が生じてしまっている

これに関しては医者に診断してもらうしかないかと思います。
泌尿器科に通うのは恥かしいと考える人は多いみたいですが、正直そんなことも言っていられない状況かと思います。
そのため、直ぐにでも病院へ通った方が良いです。

 

乳を搾るようにペニスを握る際の動作で力を入れすぎ

力を入れすぎていれば当然、ペニスは痛いに決まっています。
優しくさする感じでは意味がないのである程度の力を入れる必要はあるのですが、継続するのがつらいと思うほどの痛みを感じる程の力強さは必要ないです。

 

ミルキング,痛み,間違い

 

ちんこトレーニングはしっかりと負荷を与えてあげないとしょうがない、なんて書かれているのを見た為に強くしてしまっているのかも知れないですが、それは間違いです。
負荷を与えるのは確かですが、痛みを感じるほどに力強く行わなくて良いです。

 

長時間行いすぎ

長時間行いすぎているためにペニスに付加がかかり過ぎています。
そのため、時間を少なくしましょう。
わたし個人としては5分程度行うのが良いかと思います。

 

 

続いてはコチラ

「ミルキングのリスク※ペニスが膨れ上がった時の対処法」

について解説していきます。